ダイエットのカロリー計算は簡単に

カロリーに配慮した食事をすることは、ダイエットを開始するに際して、高く感じるハードルの一つです。ダイエットをやり遂げるためには、食材とカロリーとの関係について、ある程度は理解しておくことが重要になります。大変なことだと思われるかもしれませんが、ダイエットを成功させるために、カロリーの知識を持っておくようにしましょう。

初めての人が、実際にカロリー計算をしようとすると、味付けに使う砂糖や調理に使う油やバターなどの計算まで考えてしまいがちです。全ての食材、調味料のカロリーを合算しようとすると、細かいものまで数え上げなければならず、うんざりしてしまうでしょう。こまごまとした計算ができる人なら構いませんが、それでは意欲が続かないという人は、まず、大体の概算で確認したほうがいいでしょう。

主な食べ物ごとのカロリー量を把握しておくことで、一回の食事で摂取する食事量を知ることができま。カロリー量をぱっと見てわかるようにするには、どの食材でも、80kcalはどのくらいの塊なのかをチェックします。80kcalごとの食品の固まりをつくっておくことで、一回の食事でいくつの80kcalを食べたかを把握します。

このカロリー計算の基準値を決めて計算する方法は、生活習慣病の人がカロリー制限をする時にも使われる方法なのです。ご飯を茶碗一杯に盛ると、80kcalが2つ分になります。これで160kcalです。その他、魚切り身一つ、牛乳コップ一杯、卵1個がそれぞれ80kcalと見なされています。もしも、1日1600kcalの食事をしたいという場合は、1日に摂取する食事の単位は20ということです。
みんカラ カラコン